×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


運動できることは、人生をエンジョイする基盤

本文へジャンプ
Any3 TAICHI ・ スタビライゼーショントップ

放送大学 健康のしおり −運動をする楽しみ− より

東京大学名誉教授 放送大学客員教授 宮下充正

 確かに、運動することによって、健康・体力の保持増進ができます。



 しかし、私たちは健康になるために運動するのでしょうか

子どもたちは、そのようなことを考えてからだを動かしてはいません。

からだを動かすことが楽しくて、自然とからだが動いてしまうのです。



 本来、健康とはこのような状態をいうのではないでしょうか。

はじめのうちは、確かに健康のためと思って運動を続けていても、
いずれ、
運動すること自体が楽しくなり、“運動することが生活の一部になっている” 
そういう
真の健康といえる状態を目指そうではありませんか。



 とにかく、からだの状態が悪く、からだを動かすと直ぐに疲れてしまうようでは、
毎日が楽しくありません。

健康で、体力があることが生活を楽しむ基盤となるのです。


                       健康太極拳指導士
                                スタビライゼーション・インストラクター 土田晶子